目のパズル

目の調子を整える注目の視力回復方法|視界の悩みさようなら

レーシックの流れ

男性

視力回復のためにレーシックを受ける方法がありますが、どのような流れでケアをするのかを医師とじっくり話し合っておく必要があります。まずはカウンセリングを受け、目の状態を踏まえてレーシックとの相性を見ていきます。適応検査といいますが、視力はもちろん、角膜の厚さやカーブ、眼圧など様々な項目をチェックしていきます。多くの検査を行なうため、時間をしっかり確保しておいた方が良いでしょう。目の状態にあった視力回復のケアを受ける必要があるので、これらを丁寧に進めてくれるクリニック選びが肝心になってきます。また、レーシックを受けるにあたって様々なリスクがつきものであり、不安なくケアを受けるためにもしっかり質問をして解消しておくことが重要になってきます。電話やメールからの問い合わせに対応しているところもあるので、些細な疑問でもこのような機械を活用して把握しておいた方が良いでしょう。

レーシックを受けたあとの角膜はデリケートな状態ということで、刺激を与えないように慎重にケアをしておく必要があります。紫外線による影響を受けないために保護用メガネを掛ける場合もあります。他にも眼帯があり、片目ずつレーシックの施術を受ける場合に用いられます。これらを丁寧に進めておくことで思うような視力回復効果が期待できるでしょう。また、定期検診を受けてレーシックによる視力回復の過程について知ることも大切です。それにより、快適な視界を保つためのアドバイスが受けられるでしょう。